おまとめのキャッシング

おまとめローンと言う言葉、雑誌や広告でも良く目にすることもありますし、テレビでもコマーシャルでよく目にすると言う人も多いでしょう。いったいおまとめローンにはどんなメリットがあるのでしょうか。それはズバリ金利が違います。

 

基本的に貸金の金利と言うのは借りる金額によって変わってくるものです。10万円までなら20%、10万円から100万円までなら18%、そして100万円以上ならば15%と上限が定まっています。キャッシングの場合は基本的には10万円から100万円までの貸付が一般的ですから、そうなると金利の上限は18%から20%の間になります。

 

例えば、キャッシング業者の5社から20万円づつ借りていたとすると、上限金利は18%で、ほとんどの業者は上限に近い金利をとりますから、計100万を借りて毎月利息として18%分を支払うことになるのです。

 

しかし、これをおまとめローンに乗り換える場合には1社から100万円を借りる事になります。そうなると金利は100万以上の金利が適応されますので年間で15%が上限となるのです。

 

トータルで同じ金額を借りるにしても、分散して借りるのと一か所で借りるのでは金利に違いが生まれます。ですから多重債務の場合は金利負担を減らすためにもおまとめローンが良いのです。