銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリットのひとつに、専業主婦でも借りられることが挙げられます。この点、貸金業者では総量規制の導入により借入れができないところが増えています。

 

総量規制とは借入れは年収の3分の1に限られるという規制です。この規制の原則を貫けば、収入がゼロの専業主婦は借りられる金額はゼロとなってしまいます。

 

この規制には例外規定があり、配偶者の同意と配偶者の収入を合算して3分の1まで借入れが可能とされていますが、この運用をしている貸金業者はあまり多くありません。これに対して、銀行カードローンは総量規制が適用されないため、そもそも年収による借入金額の制限がありません。

 

その代わりとして、銀行それぞれの基準に基づいて、申込資格が決められ審査が行われています。

 

そのなかで、専業主婦でも単独で申し込めるというところや、配偶者の同意があれば申し込めるというところ、配偶者の同意と配偶者の収入の申告および配偶者の勤務先への在籍確認をすることを条件に申し込めるところがあります。

 

いずれも、大きな金額は借りられず、10万程度にとどまるところや、最大でも50万円までとされていますが、全く借りられない一部の貸金業者とは違い、専業主婦でも借りられるメリットがあります。

 

パート主婦なら申し込みが出来る銀行カードローン

パートによる安定した収入があるなら、人気のオリックス銀行で借りることも可能となります。